【レビュー】ドリテック手首式血圧計の精度は実際どうなの?長期使用した感想!

ヘルスケア
ドリテック「手首式血圧計 BM-100」口コミ・レビュー

ドリテック(dretec)の手首式血圧計 BM-100購入してから1年ほど毎日使用してきたので、使っていて感じたことなどをレビューします。

また、気になる血圧計の「精度」についても、実際に長期使用してどうなのかをレビューしていきます。

ドリテック(dretec) 手首式血圧計 BM-100
ドリテック(dretec)
実売価格:2,700円程度

ドリテックの手首式血圧計

ドリテック 手首式血圧計 BM-100

ドリテックの手首式血圧計は、機能の充実したコンパクトサイズの血圧計です。

手首式なので腕を捲くる必要がなく、上腕式血圧計に比べて血圧測定が非常に手軽です。手のひらサイズなので場所も取らず、旅行にも気軽に持っていけます。

機能面も充実しています。血圧値の記録の履歴を見たり、自分の血圧レベルを教えてくれたりしてとても便利です。

価格も非常に安く、2,000円台から購入可能ということもあり、人気の商品です。

ドリテック 手首式血圧計の精度

ドリテックの手首式血圧計
ドリテックの手首式血圧計の精度は?

私は、ドリテックの手首式血圧計を購入してから、1年以上にわたり愛用してきました。

血圧の測定は「起床後、昼、就寝前」の3回です。測定値はノートに記録しています。

この経験を踏まえて、結論から言ってしまうと、

ドリテックの手首式血圧計の精度は良いです。

とてもしっかりしています。

これは、私自身が1年以上使用しての率直な感想ですが、さらに、客観的なデータも見ていきましょう。

製品の仕様上の測定精度

まず、押さえておきたいのは、ドリテックの血圧計は全機種で「医療機器の認証」を取得しています。

これは、「一般財団法人 電気安全環境研究所(JET)」が認証したもので、医療機器としての製品の品質・安全性・有効性が認められたものです。

厳密な審査を行う日本の第三者機関からも、製品の品質にお墨付きをもらっているということです。

次に、実際に仕様上の測定精度を確認しましょう。ドリテックの公式ウェブサイトで確認することができるので引用します。

測定精度
圧力±3mmHg以内
脈拍数読み取り数値の±5%以内

出典:ドリテックの血圧計より作成

これを見ると、血圧に関しては仕様上の誤差が「±3mmHg」以内の精度だということがわかります。この値は、ドリテックのすべての血圧計で同じ仕様となっていました。

この値が、実際に最も信用できる精度の値ではないかと思います。実際に、私も1年以上使ってきて血圧測定値の誤差はそのくらいだと体感しています。

家と病院での測定値の比較

病院

次に、実際に自分が家で測定している血圧値と、病院や健康診断などで測定した血圧値を比較するとどうなのか?という点です。

これについては、実際に測定する時間や場所が異なるため、値が完全に一致することはありませんでした。

傾向としては、家で測定するほうが平均して3〜5mmHg程度低くなっています。

家のほうがリラックスできますし、医療機関での測定は、どうしても歩行後などに計測することもあるからでしょう。

しかしながら、平均値で見ると、医療機関での測定値と比べてブレがなく安定していることから、精度はしっかりとしていることがわかります。

また、生活が乱れつつある時やイライラ時は血圧測定値が上がり、逆に、穏やかで余裕のある時は血圧測定値が下がっており、しっかりと測定できている実感があります。

その他の要因から見た精度

その他には、2つの要因から精度について検証できます。

1.医療機関でも使われている

1つ目は、私が通っているクリニックでもドリテックの手首式血圧計が使われていたということです。このクリニックでは、オムロン製の上腕式も設置されていますが、同時に小回りがきいてすぐに計測できる手首式血圧計も導入していました。

実際に医療機関でも使われているので、精度の信頼性は高いと思います。

2.精度に満足感のあるレビューが多い

2つ目は、通販サイトのレビューを見たときに、全体を総合すると、精度に満足しているレビュー数が多いということです。

アマゾンなどでは、少数の感情的なネガティブレビューが上部に出てきて目立つため、不安に思いがちです。しかし、冷静にすべてのレビューを分析して見ると、批判的なレビューはごく少数だということがわかります。

実際に私も精度には非常に満足しているため、批判的なレビューの原因には、正しく測定できていないことが考えられます。

精度を上げるには、正しく測定することが大切

手首式血圧計は、上腕式とは異なり、測定時の姿勢が重要になります。

測定方法は、机に座って肘をつき、血圧計の付いた手首を心臓の高さに上げて計測します。

この姿勢でないと、正しい測定値を期待できません。また、据え置きの血圧計と異なり、測定時に身体が動いてしまうこともあるので注意が必要です。

さらに、測定時の注意点をまとめておきます。

血圧測定時の注意点
  • しっかりとした位置に巻いて測定する
  • 心臓の高さまで上げて測定する
  • リラックスした正しい姿勢で測定する
  • 測定時にしゃべらない
  • 測定するタイミングに注意する
    →食後や活動直後、トイレの前などはNG

以上の注意点に気をつけて測定をすれば、精度の高い血圧値を測定できるはずです。

また、正しい血圧計の使い方については、付属の説明書にイラスト付きで丁寧に解説されているので、よく読んでから使うことをおすすめします。

どうしてもうまく測れない場合は?

コールセンター

もし、説明書通りに使用しているのに、どうしても測定で異常な値しか出ない・エラーしか出ないという場合は、初期不良の可能性があるのでドリテックのカスタマーセンターに問い合わせてみましょう。

保証期間が購入から1年間あるので、初期不良の場合は新品と無償で交換対応してくれるはずです。

実は、私も母のために購入した2台目の血圧計が運悪く初期不良でした。

電源を入れても膨らまず、測定自体が出来なかったので交換対応となりました。もちろん、送料もすべて無償で、すぐに送って頂けました。

届いた商品は、もちろんしっかりと動作しており、調子よく安定しているので、長く使えそうです。

ドリテックはコールセンターが非常に親切丁寧で、2,000円台の商品なのにここまでしてくれるのか!と感動しました。

問い合わせの際には、購入時の証明を手元に用意しておくとスムーズです。私は楽天市場で購入したので、購入履歴から納品書をプリントアウトしておきました。

また、保証書は説明書の最後に付いているので、大切に保管しておくことをおすすめします。

ドリテック 手首式血圧計 BM-100のレビュー

ドリテック 手首式血圧計 BM-100
ドリテック 手首式血圧計 BM-100

ここからは、ドリテック 手首式血圧計 BM-100を長期使っての感想・レビューを書いていきます。

BM-100を使っていて良かったと感じたことは、以下の4点です。

  1. シンプルで使いやすく、文字が見やすい
  2. 機能が充実している
  3. コンパクトですぐ測れる
  4. 旅先でも測れるので、習慣が途切れない
ドリテック(dretec) 手首式血圧計 BM-100
ドリテック(dretec)
実売価格:2,700円程度

1.シンプルで使いやすく、文字が見やすい!

ドリテックの「手首式血圧計 BM-100」で血圧測定
ドリテックの手首式血圧計 BM-100で血圧測定

ドリテックの手首式血圧計「BM-100」は、とにかく簡単に使えます。

実際の血圧の測定は、カフをマジックテープで手首に巻いて、黄色い目立つボタンを1回押すだけと超簡単。

ディスプレイの文字も大きく、ひと目でわかりやすく、高齢の方でも使いやすいでしょう。

実際に、私の高齢の母も使いやすいと言っています。

2.機能が充実している

「BM-100」は、便利な機能も充実しています。

私が使っていて特に便利だと感じた3つの機能をご紹介します。

BM-100の便利な機能
  1. 血圧レベルを表示してくれる
  2. 測定がうまく出来ていないときは教えてくれる
  3. 60回分の測定値を記憶

①血圧レベルを表示してくれる

非常に便利なのが、自分の血圧が「高い」「正常」「至適」のどのレベルかを教えてくれるところです。

測定値だけだと、自分で正常範囲かどうかを表を見て調べなくてはなりません。

しかし、「BM-100」は、血圧値と一緒に自分の血圧レベルが分かるので、いちいち調べる必要がなくてとても便利なのです。

②測定がうまく出来ていないときは教えてくれる

さらに、便利な機能として、測定がうまく出来なかったときに通知してくれる機能があることです。

例えば、夜に眠くて測定時に大あくびをして動いてしまったとか、ついつい喋って声を出してしまったときなどは、「体動検知機能(体の動きを検知)」や「不規則脈波検知機能(おかしな脈を検知)」で、アイコン表示してくれます。

慣れてくると、意外と測定時は上の空だったりすることもあるので、「あれ?動いてた!」ということもあり、便利な機能です。

③60回分の測定値を記憶

急いでいるときや、外出中などは、すぐに測定値を記録できないときもあります。

私は測定をノートに記録していますが、記録するには引き出しからノートとペンを出し、ページを開く必要があるので、結構時間がかかります。

なので、急いでいる朝などは記録できないときもあります。

そんな時に、「BM-100」は過去60回分の血圧測定を記憶しておいてくれるので、とても便利です。夜寝る前に、その日の3回分をまとめてゆっくり記録することができるのです。

この機能もとても重宝しています。

3.コンパクトですぐ測れるのが良い!

コンパクトなのですぐ測れる
コンパクトなのですぐ測れる

血圧を毎日継続して計測するのは、意外と大変です。

血圧計の出し入れは面倒ですし、手元にないと測ることを忘れることもあります。

健康のために、継続して血圧を測る習慣を作るには、とにかく手間のかからない血圧計を使うのが一番です。

手首式血圧計はサイズが非常にコンパクトです。サイズは本当に、手のひらに収まる程度。場所を取らず、いつでも計測できる手の届く場所に置いておけます。

測定自体のハードルが低くなるので、面倒に思うこともなく、すぐに測れます。血圧測定を習慣化したいときには非常に心強いです。

私の場合は、ダイニングテーブルの端に常に置いておき、朝食前に忘れず測れるようにしています。夜も、私はこのテーブルで日記を書くので、日記が終わった後に忘れず測ることが出来ています。

机の上に置いておいても邪魔にならないのが本当に良いところです。

4.旅先でも測れるので、習慣が途切れない!

もうひとつ良かったポイントは、サイズがコンパクトなので、旅行に携帯しやすいということです。

旅行などのイレギュラーなイベントがあると、せっかく作った習慣が途切れがちになります。

そんなときでも、ドリテックの手首式血圧計「BM-100」は、重さも120gと非常に軽く、バッグに気軽に入れることができるサイズです。

専用のハードケースも付属しているので、安心してバッグに入れることができます。旅先でもしっかり血圧を測れて、習慣を崩す心配もありません。

長期の血圧測定を続けて気付いたこと

血圧を測定したい方のほとんどは、高血圧に対しての心配があるのではないでしょうか。

実際に私も、血圧が高めの家系に生まれたこともあり、高血圧を心配して血圧の継続的な測定を始めました。

高血圧は「サイレントキラー」と呼ばれるほど自覚症状が少なく、発見した頃にはかなり悪化しているケースもあります。

高血圧を知らずに放っておくと、心臓や血管の病気になるリスクが高まります。

そこで、まずは日々の血圧を継続して測り、自分の血圧値を知っておくことが非常に大切なことになります。

生活習慣の見直しと継続した血圧測定の効果

私は30代後半ですが、10代後半の頃から血圧が高めで、運動不足や塩分の高い食事など、生活習慣も乱れた生活をしてきました。

最近はこの生活習慣を見直し、減塩生活、毎日の有酸素運動、十分な睡眠など、規則正しい生活を心がけています。

血圧に関しては、やはり毎日の測定が非常に重要だと聞き、今回ご紹介しているドリテックの手首式血圧計 BM-100を購入しました。

購入後からずっと現在まで、起床後、昼食前、就寝前の3回、毎日血圧を測っています。

1年以上の継続の結果、生活習慣の見直しもあってか、半年前から血圧は高値血圧・低値血圧ともに15〜20mmHg程度下がりました。

毎日血圧を測ると、意識的に活動できる

血圧を毎日計測していて気づいたことがあります。

それは、毎日、血圧を朝昼晩3回計測することで、自分の血圧に対する意識が高まり、行動も変わったということです。

例えば、朝一番に血圧を測ることで、今日一日の食事や運動に気をつけよう!と思えて、その日一日を意識的に活動できるようになります。

また、一日の終わりにも血圧を測るので、

今日はストレスが高い一日だったから血圧も高くなってしまった。しっかり休もう。

と考えたり、

今日の血圧は低い。一日心穏やかで、運動も良く頑張れたからだ。

などと、一日の活動を振り返ることが出来ます。

この積み重ねが、血圧の低下につながったのだと思います。

まとめ:買ってよかった!

ドリテック「手首式血圧計 BM-100」
記録表も付属していて親切♪

ドリテック(dretec)の手首式血圧計 BM-100についてのレビューを書いてきました。

私の正直な感動は「買ってよかった!」です。

ドリテックの手首式血圧計 BM-100は、性能やコンパクトさもさることながら、コスパも非常に優れています。購入店舗にもよりますが、2,000円台から買うことも可能です。

この性能でこの価格は、かなり安いと思います。それに、購入後、ずっと毎日使っていますが、非常に安定して動いており、長く使えそうです。

私は、この血圧計と生活習慣の見直しで血圧が下がり、今のところ、高血圧の心配はなくなりました。それでも、この健康を維持するため、毎日血圧は測り続けたいと思っています。スイッチひとつで本当に手軽に測れるので、この習慣も途切れる心配はありません。

将来の健康を手に入れるために、かなりいい投資ができた思います!

ドリテック(dretec) 手首式血圧計 BM-100
ドリテック(dretec)
実売価格:2,700円程度

▼ドリテックの血圧計については、全モデルのスペックや口コミを比較した記事を書きました。気になる方は、ぜひ御覧ください。